興味のあるテーマを重点的に学べる!社会人に選ばれる通信制大学院とは?

社会人向けの通信制大学院を選ぶ方法

通信制大学院の中には、社会人として専門性の高い仕事に就いている院生へのサポートが優れているところが少なくありません。中でも、医療や福祉、教育などのテーマについては、職業生活と両立して研究しやすいこともあり、スキルアップや仕事上の問題に取り組むために通信制大学院を選ぶ人も増えています。通信制大学院の研究の進め方は、学校によって違いがありますが、最近ではインターネットやテキスト、スクーリングなどの形式で学べるところが多くあります。また、通信制大学院によっては、修士論文の代わりにレポートなどの形式で単位の認定を行っているところもあり、論文作成のために十分な時間を取れない社会人も学位を取得することが可能です。

通信制大学院で学べる研究テーマについて

通信制大学院は、授業料や施設利用料などが格安に設定されるところが目立ちますが、通学制の大学院と比べて研究のための環境が制限される傾向があります。特に、機械や電気、化学などの理系の分野については、実験のために相応の施設や準備のための時間が掛かることがあるため、通信制大学院では研究しにくいという特徴があります。一方、大半の文系のテーマについては、担当の教員とのメールのやり取りや、オンデマンド形式の講義を利用することで、研究のために必要な情報をしっかりと得ることができます。なお、通信制大学院によっては、学費が高くなるものの、学内の施設の一部を開放することで文系と理系のテーマをバランスよく研究できるところもあり、研究意欲の高い社会人から関心が集まっています。

通信制大学院なら資格が取れる大学院がおすすめです。いろいろな大学院の中から資料を取り寄せて慎重に選ぶのがいいです。