経営者の頼れる味方!社会保険労務士について

国家資格を持った労務の専門家

いわゆる「働き方改革」に関する議論などを見ても分かる通り、雇用と労働をめぐる環境は近年になって大きな変化を見せています。各企業においても、労働生産性を上げるためのさまざまな工夫を模索する動きが活発になっています。

そんな中、注目を集めているのが社会保険労務士というスペシャリストです。社会保険労務士は税理士や司法書士などと同様に国家資格を持った専門職で、労務管理や社会保険に関する高度な専門知識を有しています。企業にとっては、労務全般に関する頼れるアドバイザーとなってくれる存在です。

労働環境の改善をサポート

社会保険労務士の扱う業務は多岐にわたりますが、主なものは2つです。すなわち1つは社会保険や労働保険に関する各種書類の作成や官公署への提出代行、そしてもう1つは労務管理等に関する相談対応や指導です。特に最近は後者の業務に対するニーズが増加しており、就業規則の作成や改廃・給与設計・社員教育・年金相談などについて社会保険労務士が積極的に企業をサポートする例が目立っています。

現代は変形労働時間制や在宅テレワークなど、労働形態が非常に多様化しています。企業がこうした制度を導入するに際しては、その運用が法令等に準拠して正しく行われているかどうかをきちんと検証する必要があります。こうした場合に、社会保険労務士の持つ専門知識は非常に有用なのです。また、ハラスメント対策やメンタルヘルス対策など、職場環境の改善にも社会保険労務士のアドバイスは役立ちます。

新しく起業した会社や中小企業の経営には、社会保険労務士の就業規則が経営力向上に役立ちます。会社の経営力はやはり従業員の質の向上にかかっています。ノウハウを持つ事務所に就業規則を作成してもらいましょう。