心理学を学びたい!けれど大学では何学部を専攻するの?

心理学を取り入れている学部は数多くある

心理学を学びたい、という大学受験生において、その学部選択は重要です。心理学という言葉を知っていても、果たして何学部で何を専攻したらいいのか、ましてや大学ごとに学科の名称も様々で、ますます混乱してしまいますよね。国内の大学には心理学を専門的に、学ぶことの出来る学部を有する大学があることは確かです。そして、懸念される学部の名称には「心理学科部」や「臨床心理学科」など様々な呼び方がされていていますが、心理学を深く学ぶカリキュラムが組まれています。また、心理学部がなく文学部や教育学部の中に、心理学科や心理コースが組まれている場合があるので、注意をしなければなりません。自らリサーチしたり、学校説明会に足を運び、直接どのようなことを学ぶことが出来るのか、学校ごとの特長を踏まえ入念に学びの場を選択してください。

同じ学部なのに教授によって学ぶことが違う?

同じ心理学を学ぶにしても、大学によってはその内容は違います。同じ心理学科を選択したのに学校によっては学ぶことが違うなんて、と思われる方もいるかと思いますが、大学は各専門分野の教授が授業を担当します。教授の研究する研究テーマによっては、方向性の違いがでてきます。自分が予め学びたい、と思う特定の心理学の分野があるのなら、受験する前にリサーチをすることは重要です。また自分が学びたいことに対応している教授がいるのかどうか、調べることをおすすめします。心理学を大学で学ぶと認定心理士の資格や、産業カウンセラーの受験資格を得ることが出来ます。

心理学の大学は、全国各地にあります。私大、国公立大学、人文学部系や教員学部系など多様なため、学費や大学の雰囲気、自分の学びたいことに合った大学を選べます。