高校受験のために塾を選ぶ時のポイントを理解しておこう

基礎力を身につけたい場合の学習塾の選び方

高校受験が控えている場合、自宅学習が十分でなければ学習塾に行って成績を伸ばす方法があります。ただ、学習塾にさえ通えば成績が伸びるわけではありません。自分自身にぴったりのところを選ぶことで、初めて成績が伸びるわけです。そこで塾選びが重要になりますが、もし現在の学力が基礎学力をつけている最中ならばさかのぼり学習をしてくれるような学習塾を選ぶ必要があります。

さかのぼり学習とは、数学や英語などで分からないところまで戻って学習をし直すことです。学校の勉強を理解しながら昔の学習に戻っていきますので、ある程度長い時間塾で勉強する必要が出てくるでしょう。その代わり、基本が身についていけば大きく成績が伸びる可能性があります。

応用力をつけたい場合の学習塾の選び方

基礎学力がすでに身に付いており、これから応用力をつけて難関高校を目指す場合には、応用力が身につきやすい学習塾を選ぶ必要があります。学習塾の中には、学校の勉強を中心に進めているところがありますが、応用力を身につけたい生徒にとっては学校の勉強だけで難関高校に入るのは難しいです。そこで、学習塾選びのポイントとしては、難関高校に合わせたレベルの問題を頻繁に行ってくれる塾がよいでしょう。この点、難関高校に入るレベルの勉強ばかりしていると、学校の勉強がおろそかになると言う意見もあります。しかし、学習塾の中では限られた中で勉強を行っていきますので、学校の勉強は学校で理解をして、もしわからないところがあれば塾に聞きに来るだけで十分です。それよりも、ハイレベルの学校に合格するためにはハイレベルの問題に慣れることが大事になるでしょう。

学んだ内容をさらに理解するために、個別指導のスクールに足繁く通う学生は少なくありません。自分の希望するスタイルで学習に取り組めます。