学ぶ科目は自分で選ぶ!通学はスクーリングのみ!

自分で科目を選択して卒業を目指す

中学を卒業して高校に進学すると、通学制の高校なら時間割などが渡されるでしょう。時間割に従って行われる授業を受け、テストなどで評価されたりします。合格点を満たさない科目などが無ければ無事進級となり、その学年で行われた単位の取得が認められます。学校側がそれぞれの学年で高校卒業に必要な単位を設定してくれるので、各学年を無事に終え3年経過すれば晴れて卒業です。では通信制高校はどうやって卒業を目指すかですが、学校から時間割が渡されるのではなく自分で勉強したい科目を選びます。科目の選び方などは教えてもらえるので、それに従って選ぶと良いでしょう。単位の認定は学年で行われるのではなく科目ごとに行われるので、進級や落第の仕組みはありません。

毎日の通学はないがスクーリングがある

全日制の高校を卒業するには卒業に必要な単位を認定してもらう必要がありますが、単位認定には各科目の内容を理解しているだけでなく授業に出席しなければいけません。全く休めないわけではないですが、出席日数が少ないといくらテストで高得点を取ったとしても単位の認定をしてもらえないので注意が必要でしょう。通信制高校の単位認定も理解度と授業の出席で行われます。全日制との違いとして、授業の出席の条件が非常に緩い点が挙げられるでしょう。日々学校に通学必要はなく、スクーリングと呼ばれる面接授業に一定回数出席をすれば出席分の評価を満たせます。仕事をしている社会人であったり、プロスポーツを目指している人など日々の通学が難しい人に適した仕組みです。

通信制高校を名古屋で探す場合、学校のパンフレットなどの情報も参考になりますが、多くの学校を比較して条件やメリットを紹介している比較サイトもとても役立つものです。