デビットカード決済と電子マネー決済のそれぞれの特徴とは?

クレジットカード決済のシステムを利用して支払える

近年、クレジットカードを持っていない人でも複数の中から自分に合ったキャッシュレス決済を選べるようになってきました。その中で、カードを利用するものとして代表的なのは、デビットカード決済と電子マネーカード決済でしょう。では、この二つの決済方法はそれぞれどのような特徴を持っているのでしょうか。まず、デビットカードの最大の特徴は必ず銀行口座と結びついているという点です。したがって、デビットカードを利用するのであれば銀行口座を開設しなければなりません。ただ、クレジットカードと違って基本的には審査がなく、一定年齢以上であれば誰でも契約できます。また、ECサイトなどで決済代行会社が提供しているクレジットカード決済システムをそのまま利用できるというのも大きな特徴です。分割払いは無理で、翌月一括払いに限られますが、クレジットカード決済だと銀行振り込みより発送が早いといった利点があるので便利でしょう。

店頭での支払いに向いている電子マネー

電子マネーはいろいろな種類がありますが、もっとも普及しているのは交通系の電子マネーでしょう。電子マネーカードの特徴として挙げられるのは、店頭などにある端末にタッチするだけで決済が完了するという点です。クレジットカードのように店員にカードを渡す必要がなく、かなりスムーズに支払いをすることができます。ただ、ECサイトの決済代行システムに固有の番号を入力し、オンラインで決済をするといったことはできません。電子マネーによっては、PCの専用の器具を取りつけ、それにタッチするとオンライン決済が可能なものもありますが、クレジットカード決済と比較すると対応しているECサイトは多くないのが現状です。

お店でカードを使うためにはカード会社と加盟店契約をする必要があります。しかし、決済代行サービスなら直接契約していなくても利用できます。