高校受験のために確実に学力をつけるための塾

一斉授業から個人への対応へ

かつての塾は一斉授業でわからないことがあってもなかなか質問することはできませんでした。しかし、今の塾は、個人指導がメインになってきています。ちょうど家庭教師のような感じで生徒が勉強を進めていくうちにわからないことがあったら、そこのところを重点的に教えてあげるという方式をとっている塾が多いです。生徒が一人か二人に対して先生が一人つくという感じになります。このシステムなら勉強でわからない場合にはすぐに先生に教えてもらえることがとても便利です。

また、先生も若い先生を雇用している塾が多く生徒にとって親しみやすい存在であることもプラスになっていることでしょう。特に高校受験を目指す中学生には若い先生には年が近い分魅力的に映るようです。

高校受験でも個人指導で乗り切る

高校受験でも今の塾のシステムである個人指導を生かして、学力をつけていきます。ただ、教科ごとに先生は変わることがあります。それは塾の先生でもそれぞれ得意教科がありますので英語が得意なら英語が詳しくて、高校受験の英語のことならよくわかるように勉強しています。ですから、わからないことでも安心して質問をすることができるのです。質問をすれば納得するまで教えてくれるのが塾の先生です。そういう努力の積み重ねによって学力は身に付き、そして目標の高校受験に合格するということになります。

高校受験の場合は、同じ学校の同級生や同じ塾の同級生も受験する学校が同じという場合も少なくありません。ですから、互いにライバルとして最後まで油断しないでがんばることができます。

学習塾と一言で言っても、さまざまなタイプがあるのでまずは体験という形で塾の雰囲気を味わってみましょう。